「本当に『新居浜びず』を1人でやってるの!?」ってたまに言われるんですけど(笑)。
やっぱり、「どんだけ頻度が落ちても続けたい。」という気持ちがあったので。
柳川あこ
「ママになっても色んなことを諦めなくていいんだ!
ママでもキラキラしてる方がいるんだな!」
って思いました。
高島菜々美
180917_020_柳川あこさん1
しこくらいふの高坂類と皆尾裕がWebを飛び出し、四国・新居浜の魅力をラジオで発信するHello!NEW新居浜FM78.0「ラジオしこくらいふ」
毎回地元で活躍するゲストを招き、しこく愛あふれるトークをお届けしています。
Webしこくらいふでは、しこく新居浜の魅力満載のラジオトークをダイジェストでご紹介します!
今回のゲストは新居浜市で活躍する企画スタジオ Mikan Works柳川あこさん です。

皆尾:はい、時刻は12時1分を回りました。9月17日祝日、敬老の日!
本日のHello!NEW新居浜LIVEですけども、ひさびさ!新潟からおかえりなさい、髙坂類さん!

髙坂:はい…帰って参りました…。
「ラジオしこくらいふ」第20回…

皆尾:ひっ…低い……低い低い低い……

髙坂:えっ?低い低い低い…?

皆尾:テンションが。ねぇ?(笑)

髙坂:低くないですよ!(笑)

皆尾:まぁ、最初は低くいって、だんだん上がっていくスタイルですもんね?(笑)

髙坂:そうなんですよ。
だんだんね?だんだん、だんだん…
hinkDESIGNの髙坂類です。
だんだん上がっていきますからね…?
よろしくお願いします。

皆尾:だんだん(笑)。
はい、よろしくお願いします。

■ 本日のゲスト登場!

髙坂:今日は素敵なゲストをお招きしております。
新居浜市在住のゲームクリエイター、Webディレクターの柳川あこさんです。
よろしくお願いします。

皆尾:よろしくお願いします!

柳川:よろしくお願いします!

髙坂:柳川さんは企画スタジオMikan Worksの代表で、新居浜市の地域情報サイト「新居浜びず」をご自身で運営されている管理人さんでございます。

皆尾:柳川さん僕、木曜日聞きましたよ。
この木曜日!Hello!NEW新居浜LIVE出てらっしゃいましたよね?

柳川:はい。実はHello!NEW新居浜LIVE出演2回目!
先週出てた(笑)。

髙坂:おぉ~~~。

皆尾:先週はどういうことで出てたんですか?

柳川:先週はイベントが1日通してあったので、そのイベントの告知と、午前中にパネリストとして登壇したのでその感想だったりとかで、ガッツリ出させてもらったんです(笑)。

髙坂:トークショーされたんですよね?

柳川:そうです。パネリスト。
「仕事しながら育児ってどんな感じなん?」みたいなことで。

皆尾:先週の木曜日に、ここあかがねミュージアムで「わたしデザイン会議」というイベントがありまして。

ママの方が集まって「自分らしさとは何か?」を探るような…会議だったんですかね?(笑)
僕は全部参加した訳じゃないのでアレなんですけども。

やっぱり、子育てをする前にキャリアをお持ちのお母さんなんかは、子育てがひと段落した後「何かしたい。」という思いが強いんだろうな、と思いました。

柳川:そうですね。
平日の日中だったんですけど、お子さん連れのお母さんに結構たくさん来て頂いて。

髙坂:来場者はどのぐらいだったんですか?

柳川:ちょっとまだ報告を受けてないんですけど、トークショーをしていたステージに1段ずつ塊でいらっしゃったので…

皆尾:そうですね。延べ100人ぐらいは。

柳川:うん。来てはったと思います。

髙坂:えぇ~すごい。

皆尾:あかがねミュージアムのオープンな場所で行われていたので、興味を持った人がちょっと来てみたり…

柳川・髙坂:(笑)

柳川:ちょっとフラっとめに立ち寄って(笑)。

皆尾:でも、面白かったのは朝イベントやって、そのままお昼このラジオで引き続きそのイベントに関するお話をされていたんですよね?

柳川:そうなんです。

皆尾:で、あかがねミュージアムでそのラジオも聞くことができて。
それから午後の部に…という感じですよね。

実はこのスタジオ内にはアシスタントの高島アナウンサーもいますけど、高島さんも参加したんですよね?

高島:そうなんですよ。
午前中だけ聞きに行かせてもらって。

髙坂:いかがでしたか?

高島:午前中はトークセッションみたいな感じだったんですけど、パネリストの方が皆さん県外とか市外から来られてる方ばっかりで。

ママさんしながらこれだけ活動的にお仕事もされている方が身近にいるっていうことにまずビックリして。

で、パネリストが本当に生き生きと個性豊かな方々だったので、すごいワクワクしましたね。

「ママになっても色んなことを諦めなくていいんだ!ママでもキラキラしてる方がいるんだな!」って思って。

素敵な刺激を受けました。

皆尾:あらららら…!

髙坂:100点の感想でしたね(笑)。
花丸や!非の打ちどころがない感想だったよ!(笑)

皆尾:キッズスペースもあったから、ねぇ? 経産婦の皆さんも。

柳川・髙坂:経産婦!!??(笑)

柳川:新しい。経産婦(笑)。

皆尾:最近習った言葉です(笑)。
そんなメンバーでね、お送りしてまいりますけど…

柳川:経産婦で(笑)。

髙坂:経産婦2名で、いきますので!(笑)

■ 新居浜で人気の地域情報サイト「新居浜びず」

皆尾:柳川さんは「新居浜びず」というサイトをされているんですよね?

髙坂:「新居浜びず」を簡単にご紹介頂いていいですか?

柳川:はい。
今(放送当時)だいたい月に1.8万PV(ページビュー)ぐらいあって、新居浜市の美味しいお店や新しいお店の情報を、住んでる人目線で紹介しているサイトになります。

髙坂:いろんな記事を1人で…

柳川:(笑)
たった1人で(笑)。

髙坂:今記事数ってどれぐらいあるんですか?

柳川:もう200越えてますね、多分。
もう3年目入ったので。

髙坂:じゃあもうマイペースにコツコツと…。

柳川:はい。

髙坂:ニューオープンの記事とか「早い!」っていつも思うんですけど。
新しいお店の噂とかを聞いて検索すると「新居浜びず」が1番上に表示されていることが多いので。

柳川:噂を聞いたら、いち早く記事にしています。
その情報が公開OKの場合はとにかく早く情報をまとめることを意識しています。

■ ゲームクリエイターとしても活躍!多才な柳川さん

皆尾:柳川さんはゲームクリエイターでもあるんですよね?

柳川:はい、そうです。
普段はゲーム制作の仕事をやっています。

髙坂:それが主なお仕事なんですか?

柳川:ゲーム制作の仕事と、Web製作…ホームページ作ったりとか「Webプロモーションしたいんやけど。」っていうののお手伝いとかを、半々でやってます!

髙坂:ゲームクリエイターとは…?
ゲームを作るのには色々な工程があると思うんですが、具体的にはどんなことをされてるんですか?

柳川:スマートフォン向けのゲームを主に担当していて、ガチャで出てくる新しいキャラクターの設定資料を書いています。

「このキャラはこんな見た目で、こんな性格をしてて…。」みたいな。
そういう設定を外部のイラストレーターさんに「こういうので描いて下さい。」みたいな。
既に絵があるキャラクターに関しては、ゲームの中のセリフだったりシナリオを作ったりとか。

皆尾:えぇ~~~~~!すご~い!

柳川:(笑)

皆尾:ということは、物語の台本を書いてるということですか?

柳川:そういう時もありましたけど、今は育児をしてるのでどうしても…

皆尾:じゃあ、元があって、そのスピンオフ的な物語を考えつつキャラ設定をしているという感じですか?

柳川:そうです。
やっぱり元の世界観を崩しちゃうとファンの人たちが「そんなの違う!!」ってなるから。
元の世界観と合うように、でもキャラとしてちゃんと立つように。

髙坂:ゲームクリエイター歴はどれくらいなんですか?

柳川:IT業界に入ったのが大学出てすぐ22歳の時なので、もう10年近くなるのかな?

髙坂:私もモバゲーの企画部にいて、キャラクターの資料を集めたりしていました。
柳川さんは、ご出産されてもゲームのお仕事を継続的にされていたんですか?

柳川:流石に、子供を産んでからは「次の仕事を受けるまでちょっと時間をください。」と仕事を減らしてます。
その代わり、単発でできるようなWebの仕事とかをしていますね。

■ 柳川さんの移住物語

髙坂:柳川さん、ご出身は奈良県ですよね。

柳川:はい。奈良県の平群町(へぐりちょう)という所出身です。

髙坂:へぐりちょう…?フフッ(笑)。

皆尾:なんで笑うんですか(笑)。

髙坂:いや、可愛らしい語感だな、と思って!(笑)。
どんな字を書くんですか?

柳川:平和の平に群れるって書いて、へぐりって読みます。

皆尾・髙坂:へぇ~~~。

髙坂:そこからどういうご縁で新居浜に来られたんですか?

柳川:よくあるって言ったらアレなんですけど、結婚を機に、ですね。

髙坂:ご主人が新居浜の方なんですか?

柳川:はい。新居浜出身で。

髙坂:あっ、うちと同じですね。
ご主人と出会ったきっかけは…?

柳川:大学生のサークルで知り合って…

皆尾:サークル!!!!出た!!!!!

柳川:えぇ!!??(笑)

皆尾:出た、サークル内恋愛が!!!!

柳川:いや、その時はまぁ、「サークル仲間」みたいな感じで。
で、私は東京に就職したし、向こうも京都にいたりとかして。

髙坂:あ、でその後?

柳川:はい。もう、スピード結婚というか(笑)、再会してトントントンと結婚することになって。

髙坂:そうなんですか!(驚)

皆尾:結婚して東京か京都かにいたことはあるんですか?

柳川:いえ、遠距離の状態でプロポーズされたので…。

私が就職で東京行って、「やっぱり地元(関西)に帰ろう。」と思って大阪にいて、夫は新居浜に戻ってて、たまたま遠方であった結婚式で再会して、もうそのままトントンと…(笑)。

髙坂:それで新居浜へそのまま?

柳川:そうなんです。

結婚まではずっと遠距離だったので。
結婚式は新居浜でやったんですけど、大阪からバスに乗って来て、打ち合わせしてまた帰る、みたいな(笑)。

髙坂:へぇ~~~。
それで新居浜へ来られたのが3年前…?

柳川:今3年目になるので2年前ですね。

皆尾:新居浜へ来たのは、結婚式の打ち合わせが初めてだったんですか?

柳川:そうです。
打ち合わせのためにバスで来て、駅にダン!って降りたのが初めてでした(笑)。

皆尾:へぇ~~~!
あかがねミュージアムはまだない…?

柳川:ありました!
めっちゃギランギランな状態で!(笑)

皆尾:そうですね(笑)。
新しい10円玉のようなね(笑)、そんな時期ですね(笑)。

■ 「新居浜びず」誕生の物語。柳川さんの思い

髙坂:「新居浜びず」を始められたきっかけっていうのは、何かあったんですか?

柳川:友達がいない状態で新居浜に来たんですけど、新居浜ってネットに情報が全然載ってなくって。
食べログとかぐるなびとか、あるにはあるけど、「もっと情報が欲しい。」ってなった時に全然分からんかって。

「ないんやったら自分で作っちゃえ。」と思って「新居浜びず」を始めました。

「作ってたら誰かしら1人ぐらい反応してくれるやろう。」と思ってやってたら、もう結構今…。

髙坂:ねぇ。
ファンが結構おられるんじゃないですか?

柳川:そうですね。
木曜日のイベントでも「『新居浜びず』の管理人の人を見に来たよ~。」って人がいたって教えてもらったり。
友達や知り合いもおらんと新居浜に来た人が私以外にもいて、そういう人も見てくれてるのかな、と。

髙坂:柳川さんと初めてお会いした時のことを思い出しました。
私も「しこくらいふ」をブログでやっていて、柳川さんがそれを見てご連絡をくださって。
「同じ状況だな。」というので「是非、お会いしましょう!」となったんですよね(笑)。

柳川:髙坂さんとお会いしたのもネットの記事がきっかけになったので、やっぱり「1人でも書いて発信していたら誰かしら拾ってくれるんかなー。」って。

髙坂:ねー。そうなんですよね。
私が1人で新居浜について綴っていたのを見た柳川さんが連絡をくれた時は「やっててよかったな。」と思いましたよ。

でも「新居浜びず」は私が書いていたブログよりもっとちゃんとしたサイトなんですけど。
カテゴリも分かれてるし。
ニューオープンの情報も早いし。
本当、「1人ですごいな!」と(笑)。

柳川:「本当に1人でやってるの!?」ってたまに言われるんですけど(笑)。
やっぱり、「どんだけ頻度が落ちても続けたい。」という気持ちがあったので。
「1人でやれる所までやるぞー!」みたいな。

180917_020_柳川あこさん


柳川あこさんの情報です。
柳川あこさんのFacebookは こちら 。
柳川あこさんのInstagramは こちら 
mikanworksのホームページは こちら
新居浜びずは こちら
新居浜びずのFacebookページは こちら
新居浜びずのTwitterは こちら

Hello!NEW新居浜FM78.0「ラジオしこくらいふ」は現在、月1回不定期・生放送でお送りしています。
放送予定日や内容は しこくらいふFacebookページ や、当サイトでお知らせしていますのでお見逃しなく。
ラジオは FM78.0MHz、PCやスマートフォンは?こちら?からお聞きいただけます。
番組へのメッセージは?m@hello78.jp まで!(件名は「しこくらいふ」でお願いします。)
■放送の内容を全て聞きたい方は YOUTUBEしこくらいふチャンネル へ。
■書き起こし記事一覧は こちらから